素朴な疑問、飲む日焼け止めは授乳中でも使えるの?

子供が生まれた後も、できるだけキレイで居たいのが女心。
日焼け止めを毎日塗るのは普段でも大変なのに、子供が居るとなるとそんな時間も取っていられない……。
しかし、日焼け対策を怠っていると、肌にメラニンが蓄積してシミだらけになってしまうかもしれません。

 

そんな悩みを解決してくれるのが、飲む日焼け止め。
外出前に飲むだけでいいものが数多くあり、飲むのを忘れてしまっても後から飲めばいいというものもあります。
お母さんや忙しい女性の方にぴったりなアイテムです。

 

 

そんな便利な飲む日焼け止めですが、一つ注意が必要なことがあります。

 

 

それは、「妊娠・授乳中に摂取するのは好ましくない」ということです。
もちろん毒性のある成分は入っていませんし、特に副作用なども確認されていません。
しかし、赤ちゃんはお母さんの体や母乳から栄養をもらっているので、一般的な薬なども控えた方がよいと言われています。

 

妊娠、授乳期間だけは塗る日焼け止めや、日焼けを抑えてくれるトマトイチゴスイカ
それに緑黄色野菜を食べるといいかもしれません。

 

もちろんこれらだけを食べればいいということではありません。
いろいろな食品をしっかりバランスよく食べることが望まれます。

 

また、授乳期間を抜ければ飲む日焼け止めを使うことができます。
しかも飲む日焼け止めは、四歳以上の年齢であれば子供も摂取することが可能だそうです。
お薬を嫌がるお子さんでなければ、早いうちから一緒に使えるのがうれしいですね。

 

どこで紹介したい飲む日焼け止めサプリメン『雪肌ドロップ』!

 

日焼けをしたくないことはもちろんのこと、
今より白くキレイな肌になりたいと思いませんか?

 

「雪肌ドロップ」は日焼けも効果に続き、肌にとても良い成分が多く含まれています。
日焼け止め効果と美容効果が同時に得られるって嬉しいですよね!

 

赤ちゃんとお母さんの健康のためにも、サプリメントは用法を守って使用することが求められます。
安全にキレイになるためにも、使用上の注意などはしっかり確認しておきたいところです。

 

トップにもどる⇒