飲む日焼け止めが危険って本当?日焼けを防ぐメカニズム

最近海外やモデルさんの間で人気の「飲む日焼け止め」。
試してみたいと思いつつ、どういう仕組みで日焼けを防いでいるのか分からず心配な方もいらっしゃるかと思います。
そんな方のために、日焼けのメカニズムから飲む日焼け止めのメカニズムまでを徹底解説しちゃいます!
これを読めば勉強にもなって仕組みもわかるので一石二鳥です!
ぜひ最後までご覧ください。

 

【日焼けするメカニズム】

紫外線を浴びるとメラノサイトという色素生産細胞が、黒色をしたメラニンを生産します。
メラニンは紫外線を吸収してくれるもので、メラニンのおかげでほかの細胞はダメージを受けずに済んでいるのです。
しかし、黒いメラニンが増えると肌も黒色に近づいていきます。
これが日焼けをするメカニズムです。

 

 

【シミのできるメカニズム】

体内に活性酸素という酸素があります。酸化させる力が非常に強い酸素です。
体に有害な物質を取り込んだり浴びたりしたときに発生します。

 

日焼けの原因ともいわれる紫外線もまた、体が有害と判断するものです。
害を防ぐために活性酸素が生まれ、大量に活性酸素が生まれたときに活性酸素からの刺激を防ぐためメラニン色素が生成されます。
メラニン色素は活性酸素からのダメージを受け、黒褐色になり肌に沈着します。

 

これがシミができるメカニズムです。

 

 

つまり、紫外線を浴びると体内で防衛のためのメラニンが生み出され、それが日焼けやシミの原因となっているのです。

 

それでは、紫外線を防ぐために飲む日焼け止めはどのような方法で紫外線が肌に届くのを防いでいるのでしょうか?

 

【飲む日焼け止めのメカニズム】

飲む日焼け止めの主成分は大きく二つに分けられます。
「フェーンブロック」「ニュートロックスサン」というものです。

 

フェーンブロックは活性酸素除去効果、抗酸化作用を持っています。
生成されてしまった活性酸素を除去し、分解することでメラニンの働きを緩やかにしてくれます。

 

原料は化学薬品などではなくシダ科の植物のため非常に安心です。

 

 

ニュートロックスサンは、「水溶性抗酸化」・「脂溶性抗酸化」・「抗炎症」という三つの力を持っています。
水溶性抗酸化は活性酸素を捕まえて抑える効果。
脂溶性抗酸化は劣化した細胞が酸化を促す成分を出すことをブロックする効果。
抗炎症は、劣化した細胞のダメージや炎症を抑える効果があります。
つまり、活性酸素やメラニンの働きを妨げてくれるのです。

 

原料は、南スペイン産のローズマリーとシトラスという自然のもの。
抽出した成分を独自の配合で組み合わせてこれらの効果を得ることができるのです。
今回飲む日焼け止めについて解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

『雪肌ドロップ』注目の飲む日焼け止め!

 

最後に今注目の「飲む日焼け止め」を紹介したいと思います。

 

その名も『雪肌ドロップ』

 

日焼け止め効果だけではなく、「肌」に良い美容成分がたくさん含まれているんです!

 

日焼けを防止しさらに美白な肌を手に入れましょう!

 

トップにもどる⇒