ニキビの3大原因!知っておこうニキビのこと!

ニキビに悩まされる人はものすごく多いですよね。
しかし、ニキビができた人には2つの選択肢が存在します。

 

・ニキビは嫌だなと思いながら毎日を不快な気持ちで過ごす。
・ニキビと向き合い、改善策を模索し、ニキビを治して楽しい毎日を過ごす。

 

あなたはどちらがいいですか?

 

 

後者を選ぶ人は件名だと思います。
かつてのCMで会った通り、ニキビはお肌の病気なので放っておくと悪化していく一方なのです。

 

 

ニキビと向き合うためにまずやるべきことはニキビの原因をしっかりと知ることです!

 

 

毛穴のつまり

アトピー

 

バリア機能の低下ターンオーバーの乱れによって、角質が厚みをどんどん増していき「過角化」が起きます。過角化の原因は様々です。

 

外的要因

単純に肌の外側からの刺激が、要因となっています。

 

 

間違ったスキンケア

実はクレンジングや洗顔で皮脂を摂りすぎると、肌のバリア機能が低下してしまい、刺激から肌を守るために角質がどんどん厚くなります。
また、保湿が不十分で角質層の水分が不足してしまうとターンオーバーが乱れて、古い角質がはがれずに固くなっていってしまいます。

 

紫外線

紫外線が肌に当たると同じように肌のバリア機能が働いてしまって肌が熱くなってしまいます。
それに加えて、紫外線によって生じる活性酸素の影響で、ターンオーバーが乱れることも過角化の原因になります。

 

 

化粧品やメイク

化粧品やメイクが、毛穴を詰まらせる非常におおきな直接的な原因にもなります。
リキッドファンデーションやコンシーラーなどのメイク用品は、毛穴の細かいところまで入り込んで蓄積する可能性があります。

 

ニキビに良いとされるクレンジング剤も洗顔料も、洗顔後に残ってしまっていては何の意味もないし、むしろ逆効果です!

 

 

食べ物

ニキビ

 

バランスの悪い食事
「偏食」「ダイエット」「欧米型の食事」が多い場合、どうしても栄養素の偏りが生じてしまいます。
その結果必要な栄養が不足し、余分な栄養が過剰に摂取されたりします。
そうしてニキビが大量に出現するという事になります。

 

糖質、脂質過多

糖質や動物性脂肪は皮膚腺を刺激する効果があります。
これらは身体にとって非常に重要な栄養素ではありますが、摂り過ぎは確実に皮膚分泌を増加させ、ニキビだけでなく生活習慣病まで引き起こしてしまいます。

 

 

タンパク質不足

タンパク質は非常に不足しやすい栄養素です。
これが不足してしまうと新しい皮膚が生成されず、古い角質が留まり続け毛穴をふさぎ続けニキビを引き起こします。

 

 

ビタミン不足

ビタミンは新陳代謝を促す栄養素なので、これが不足してしまうと角質が変わっていかないのでニキビにつながります。

 

 

高GI食品

これは血糖値の高い食品のことを言います。
消化した食品が糖に変わるまでの速さが早いものを言います。

 

ぶどう糖を100とすると白米は70、玄米は50なので食事後の血糖値の上昇度合いは白米の方が早いといえます。

 

 

血糖値が急激に上昇するとそれを抑えるためにインシュリンが分泌されます。
このインシュリンは男性ホルモンを刺激してしまうので、それがニキビにつながります。

 

このように刺激や食事がニキビの主な原因になっています。

 

 

肌の乾燥

 

肌の乾燥はニキビの原因のうちの大変大きな割合を占めています。

 

そんな肌の乾燥にはかなり敏感になっていってもいいと思います。
特に乾燥に効果的なのは化粧水です。

 

マスクをするとか、蒸気を当てるなどいろいろな保湿方法がある中で、化粧水というのは古いながらも大変効果的な方法といえます。

 

有名人の方々もよくツイッターなどで化粧水を使っているような写真を上げていたりしますよね。
特に最近人気なのが「雪肌ドロップ」という化粧水だそうです。

 

あまり知られていないと思うのですが、今までの化粧水にはないたくさんの保水成分、美容成分が配合されていて
雪肌ドロップは大変お勧めです!

 

 

ニキビの原因を把握して、ニキビに立ち向かっていきましょう!

 

トップにもどる⇒